トルコリラで不労所得を得る方法

不労所得とは文字通り「労働をしないでお金を得る」ことを指します。
一度は不労所得に憧れた経験はないでしょうか?
しかし貴方が不労所得が出来る程の資産家でない場合、不労所得を得るために継続して努力または積極的にリスクとって行かなくては行けません。
なんだか矛盾をしているようですが、不労所得を得るために働く必要があります。
さらに不労所得を得てからは、それを維持するため働く必要があります。

ただし、「不労所得を得るため」と「不労所得を維持するため」では、働く量も変わってきます。
資産がない方の不労所得の目標は、毎日8時間の労働で年収500万円得ることから、毎日1時間の労働で年収1000万円得ることになります。

不労所得になる3つの方法

・不動産投資をして、賃貸収入を得る

不動産投資は昔からあるオーソドックスな不労所得であり、今なお不動産投資による賃貸収入は投資先として魅力的であります。
ただし現物の不動産投資は、不労所得の言うにはあまりにも管理業務が沢山あります。むしろ、不動産投資は1つの事業として考えて方が良いと思います。他に本業があり、兼業で不動産投資を行おうとしている場合、一度投資をする前に管理業務の量について確認した方が良いと思います。
ねお、兼業投資家でどうしても不動産投資を行いたい場合は、現物よりREITの方が良いと思います。

<初心者が不動投資するなら現物よりリートがお勧めについてはこちら>

・株の配当金を得る

これも昔からある方法で、利回り4%程度の高配当な株に投資する方法になります。
株は不動産投資とは異なり、必要な労働は銘柄調査と株の売買のみであり、ほぼゼロ労働で投資することが出来き、「不労」に近い投資先であると言えます。また
高利回り銘柄に投資する場合は、東証一部の誰もが知っている銘柄に限定して投資することによって、株価下落時のリスクを最小限にすることが出来ます。さらにドルコスト平均法を使用すれば価格変動のリスクも下げることが出来、より安全な利回りを得ることが出来ます。
<ドルコスト平均法の詳細はこちら>

ただし、株の配当金のみで不労所得を得るには多額の資金が必要になります。
例えば、利回り4%で年収500万円の不労所得を得るためには、1億2,500万円必要になります。
そのため、株で不労所得を得るのは現実的ではありません。

・FXを利用して高金利通貨で金利を得る

2017年7月時点で、トルコリラにおいて8%の政策金利を出しております。この8%の金利はFXで取引できる通貨の中で最も高い数値になります。
しかし、この金利8%でも年間
500万円の不労所得を得ようとしたら、6,250万円の現金が必要になります。先ほどの株の配当金と比較して半分の6,250万円になりましたが、現実的でないことに変わりはありません。
そこで、重要になってくるのが、FXにおけるレバッジの活用です。レバレッジの詳細は<FXとは>をご確認ください。

更に株の信用取引と異なり、FXでレバレッジを掛けても利息や手数料を取られることはありません。保証金維持率が保たれいる限り、長期間に渡ってレバレッジ掛けた状態の金利を得ることが出来ます。

そのため、年間500万円の不労所得を得るために必要な現金は、レバレッジ1倍の時は6,250万円であり、レバッジ2倍の時は3,125万円、レバッジ3倍の時は2,083万円にまで下げることが出来ます。
FXにおいてレバレッジは「もろ刃の剣」であり、リスクとリターンを考慮して設定してください。

いずれにおいて不労所得を得るためにFXが最も現実的だと考えます。


FXトルコリラで不労所得を得る方法

上記は示した方法は年間500万円の不労所得を得る方法であり、トルコリラにおいてレバレッジをかけた状況でも数千万必要であり、多く人には実際は投資するのには不可能な金額になります。レバッジは最大の25倍まで掛ければ数百万で達成することが出来ます。あまりにもリスクが高く破産する可能性があるので推奨はしません。

そのため、不労所得で得られる額を減らして、トルコリラに投資した場合のシミュレーションを行って行きたいと思います。

トルコリラで月30万円の不労所得を得る

東京などの都市では家賃が高いため月30万円で少ないと感じる場合があると思いますが。贅沢をしなけば普通に生活することが出来ます。

また、現在東京で働いている人も月30万円の不労所得があれば、仕事をやめて地方に暮らしをしても良い金額になります。

 

レバレッジ倍率 必要資金
1倍 4,500万円
2倍 2,250万円
3倍 1,500万円
4倍 1,125万円

トルコリラで月20万円の不労所得を得る

月20万円の不労所得の場合、税金を考慮すると16万円であり東京などの首都圏で暮らすにはギリギリの金額になります。地方に引っ越しをしても余裕がある生活はできません。
そのため、本業の収入+FXトルコリラの金利として生計を立てるのが現実的になります。マンションや戸建てを購入している方は、ローンの返済はFXのトルコリラ金利から行うことが出来るようになってきます。なお、月に20万円分の所得が増えと生活にゆとりが出てきます。

 

レバレッジ倍率 必要資金
1倍 3,000万円
2倍 1,500万円
3倍 1,000万円
4倍 750万円

トルコリラで月10万円の不労所得を得る

月10万円の不労所得があれば、家賃8万円の賃貸までならFXのトルコリラの金利で賄うことが出来ます。
また、月に1回は国内旅行や近場の海外旅行に行くことも出来ます。
毎月の
生活に少しだけプチ贅沢をすることが出来ます。

レバレッジ倍率 必要資金
1倍 1,500万円
2倍 750万円
3倍 500万円
4倍 375万円

トルコリラで月5万円の不労所得を得る

月5万円の不労所得があれば、1人暮らしであれば食費がかからなくなります。
(私は月の食費は3万円ていど使っています。)
または、光熱費や携帯電話の通信費などのFXのトルコリラで賄うことが出来ます。

レバレッジ倍率 必要資金
1倍 750万円
2倍 375万円
3倍 250万円
4倍 188万円

トルコリラで月1万円の不労所得を得る

月に1万円の不労所得があれば、スタバとかで飲むコーヒー代がかからなくなります。
いつも、コンビニコーヒーで飲んでいる人も気兼ねなく喫茶店やスタバに入ってコーヒーを飲むことが出来ます。

レバレッジ倍率 必要資金
1倍 150万円
2倍 75万円
3倍 50万円
4倍 38万円

まとま

・不労所得を獲得する方法にはいくつかの方法があるが、不労所得のみで生活しようとした場合、FXトルコリラが最も現実的
・トルコリラなら100万円あれば、レバレッジ2倍以下で月1万の不労所得を得ることが出来る。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。