FXでトルコリラ投資の副業

「働き方改革」において、日本政府は正社員の副業や兼業を後押しする方針を出しております。そのため厚生労働省の「モデル就業規則」の副業を「原則禁止」から「原則容認」に変更しました。

どの位の企業が副業を容認するか未知数ではありますが、副業人口は今後増えていくと予測されます。副業の種類は沢山ありますが、ここではトルコリラのスワップ投資が副業として成立するかを考えて行きます。


副業に適した条件

本業あってこその副業なので本業を疎かにしては本末転倒になってしまいます。 そのため副業においは、以下の適した条件があります。

時給制の仕事で働かないこと

日中働いている人は、夜間しか副業の時間にあてることが出来ません。シフト制で働いている人は急遽、シフトが変更になるリスクがあります。

そのため、日中は会社勤務をして夜は居酒屋的な働き方はお勧めしません。また休みが固定しておりその休みを利用して副業をする場合においても、月に1日や2日休みを返上する位であれば特に支障はないと思いますが、月の休みを全て副業にあてるやり方はお勧めしません。

私自身、本業を含めてバイト2つを掛け持ちした時期があり、全て休みの日はバイトに明け暮れていたことがあります。本当に大変で体を壊しそうになったので、バイトは1つに絞り月に数回は休みようにしました。また、1日24時間しかありませんので、日夜働いていると寝る時間がなくなります。そのため時給制の副業は長期的に出来る副業ではないことを実感しています。体力に自信がある人を行っても良いかもしれません。

時給制でない副業とは

時給制はと貴方の労働時間を売るかわりに給料を貰う制度になります。時給制でない仕事をするには、大学教授や特許保持者のように知識を売る仕事もありますが、今から知識を売るような副業をするには収入が入るまで時間が掛かり過ぎます。そのため、そのような特別な能力がない人の場合は、時給制でない副業をするにはリスクを取る必要があります。

許容できるリスクを取ること

「リスク」と聞くとアレルギー反応を起こして一切拒絶する人がいますが重要なのは、そのリスクは許容できるか?になります。例えば、自動車を運転すると交通事故の加害者になるリスクが少なからず存在します。しかし、多くの人は自動車を運転しています。自動車と運転することのメリットがリスクを上回っているからになります。そのため、副業を始める時はリスクとリターンを考えてどの副業にするか選択する必要があります。

例えば、何千万円を投資するような不動産投資は現物資産であり賃貸収入を基本とする投資のため、ミドルリスク・ミドルリターンと言われています。逆にFXをハイレバレッジに掛けた場合や、現物株を担保して信用取引を行う通称信用株2階建てはハイリスク・ハイリターンと言われています。

月の収入の目標はどの位

例えば、月に1万円欲しいのか? 月に10万円欲しいのか?によってどの副業にするかが変わります。「出来るだけ多く」ではリスクの取りようがありません。「安全で儲かる」は存在しないと思った方良いです。「安全で儲かる」には「安全で儲かるけど…と」の裏の話しがあると考えた方が良いです。

税金対策が出来るか

日本は累進課税になりますので、副業で所得が増えると所得税が増加しますので注意が必要になります。以下が所得税の税率になります。

課税される所得金額 税率 控除
195万円以下 5% 0円
195万円超え~330万円以下 10% 97,500円
330万円超え~695万円以下 20% 427,500円
695万円超え~900万円以下 23% 636,000円
900万円超え~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超え~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超え 45% 4,796,000円

副業には「時給型の副業」と「リスク型の副業」が2つあり、リスクを取りたくない場合は「時間型の副業」でアルバイトでも探すのが一番手っ取り早い方法になります。副業に割く時間があまりなく、多少のリスクが取れる方は「リスク型の副業」をお勧めします。なお、ここではリスク型の副業の中で、トルコリラFXについて説明をして行きます。


FXについて知りたい場合は以下のリンクをご確認ください。

トルコリラFXで副業

トルコリラの政策金利は2017年で8%と高金利な通貨になります。そのため100万円を投資すれば月々6,600円の金利が付きます。
また、実際にはレバッジをかけて投資をする人が大半であり、100万円をレバレッジ2倍ですると月々13,200円の金利収入を得ることが出来ます。
この金利収入は、トルコリラに投資をした時に発生する為替変動リスクの対価になります。
そのためトルコリラの高金利が継続し為替変動リスクを取っている間は、自動的に入ってくる収入になります。

またトルコリラの金利が高い理由については以下のリンクをご確認ください。


トルコリラFXメリット

FXを開始するまでの経費が少ない

トルコリラでFXで副業する場合、購入と言うスタートに立つまで経費は非常に安く済みます。
または人によっては、追加で購入する資機材はありません。

  1. PCまたはスマートフォン (トルコリラの金利を得る副業の場合、中長期投資になりますのでスマートフォンで十分対応可能です。)
  2. ネット環境 (中長期投資の場合は、高速な回線は必要ありませんので、インターネットに繋がれば大丈夫です。)
  3. FX会社の口座 (トルコリラに投資するなら、GMOクリック証券【FX】がお勧めです。)

またFX会社のGMOクリック証券【FX】においては、口座開設費および維持費が無料になっておりますので、とりあえず開設だけしておいても問題ありません。


トルコリラ購入後は管理が簡単

トルコリラへの金利投資は一度トルコリラを購入したら、ストップロスのために逆指値を入れて時々チャートを眺めるだけで十分です。
 
これだけ聞くと怪しい感じがしますが、トルコリラを購入した瞬間、トルコリラの為替変動のリスクを負ったことになり金利その代価になります。

このリスクを負う変わりに代価を得る仕事の代表は、銀行や保険会社などが該当します。
銀行などは貸す相手側の返済能力を調査して融資する事業になります。そのため銀行にとって必要なのは、貸した金が返ってくる相手を見極める能力になります。トルコリラへ投資も一緒で、トルコが長期的に経済成長して高金利を出し続けられるか見極める必要があります。

以下がトルコの概要と経済状態になります。



副業を簡単に辞められる

トルコリラ投資の副業はいつでも辞めることが出来ます。例えばたった今、トルコリラ投資の副業を始めてトルコリラを購入した場合でも、1分後に購入したトルコリラを売って副業をやめることが出来ます。バイトなどの時給型の副業は勿論なこと、不動産投資のような現物投資では、副業を始めたら直ぐには辞めることは出来ません。

どうしても辞めたくなった場合、バイトは比較的直ぐに辞めることが出来ますが、現物投資においては売りたい時に売れないリスクがあります。
副業である以上、本業の事情により急に辞めざる負えない事情がある可能性があります。そのため、誰にも迷惑を掛けず好きなタイミングで始めたり止めたり出来ることは副業にとって大切になります。


損失がコントロールできる

以下の例では、過剰な損失を避けるためにトルコリラのチャートで40円を下回ったところで損切りをするため、事前の予約の売り注文を出すことが出来ます。また為替取引は流動性が豊富にあるため、希望した値段の40円で売ることが出来ます。


 
しかし経済危機などにより、急激な為替変動が発生するとスリッページが発生します。
(スリッページとは急激な為替変動が発生したことにより、注文した値段ずれて為替取引されること)

レバレッジ25倍で取引を行っている時にスリッページが発生すると、予定していたより多くの損失が発生してしまいます。
そのため安全に副業をするには、FXのレバレッジ1~2倍で取引を行うことをお勧めします。


FXが分離課税である。

FXは分離課税であり、本業の所得と合算して所得税計算がされません。
そのためFXの税率は

所得税15%+地方税5%+復興特別所得税0.351%の20.351%

になります。
FXの利益によって、全体の所得税が上がらないのは非常に有難いです。


トルコリラ副業を収入のシミュレーション

トルコリラによる金利収入を「1日8時間労働の時給1000円」で稼ごうした場合、どの位の時間働く必要があるの計算してみました。

トルコリラで月5,000円の副業収入を得る場合

月5,000円 ÷ 時給1,000円=5時間分の労働になります。
そのため月に時給制の副業で5,000円稼ぐのに0.62日働く必要があります。

 

トルコリラで月1万円の副業収入を得る場合

月10,000円 ÷ 時給1,000円=10時間分の労働になります。
そのため月に時給制の副業で10,000円稼ぐのに1.25日働く必要があります。 

トルコリラで月5万円の副業収入を得る場合

月50,000円 ÷ 時給1,000円=50時間分の労働になります。
そのため月に時給制の副業で50,000円稼ぐのに6.25日働く必要があります。
ここまで来ると月の休みを大半バイトをしている感じになってきます。
本業をしている場合、体力的に大変になってくるのはここからでしょう。

トルコリラで月10万円の副業収入を得る場合

月100,000円 ÷ 時給1,000円=100時間分の労働になります。
そのため月に時給制の副業で100,000円稼ぐのに12.5日働く必要があります。
月の半分、働かなければいけない状況になりました。そのため、日中に本業をして夜に副業と言う生活スタイルになります。

リスク型の副業はリスクを得る代わりにお金を得る方法になり、時給型の副業では稼ぐことが出来ない額のお金を稼ぐことが出来ます。

FXの口座さえ開設しておけば、いつでもトルコリラ投資を行うことが出来ます。
そのため、
口座を開設しておくだけでも良いとお思います。
なお、トルコリラ投資にするなら、GMOクリック証券【FX】がお勧めです。


まとめ

リスク型の副業は、働いた時間に関係なく時給型の副業では稼ぐことが出来ない額のお金を稼ぐことが出来る。
またリスク型の副業はお金得る対価にリスクを引き受ける必要がある。リスクとリターンを考慮してどの副業をするか検討しよう。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。