円高や円安とは

ニュースを観ていると毎日のように為替のニュースが流れています。その中で必ず話題になるのは円高および円安の状況になります。
円高や
円安聞いても、分かるような…分からないような…曖昧な感じの人も多いと思います。
円高や円安を理解すれば、経済全体のマクロな流れを理解することが出来ます。
そのため、FXでトルコリラに投資する前に知識の整理をしておきましょう。

円高円安について

円高とは

円の価値があっている状態になります。
1ドルが100円から90円になった時が円高になります。

円安とは

円の価値が下がっている状態になります。
1ドルが100円から110円になった時が円安になります。

また1ドルが100円から90円になった場合、「円安」と間違いえる方がいますが、これは「円高」です。
円高円安は円の価値の変動を示しています。
そのため、1ドル100円と言う言葉は、「1ドルを買うのに100円が必要」と言う意味になります。


円安の具体例

例えば、米国でしてか販売していないコーラを飲みたい時、米国からコーラ輸入するしか飲む方法はありません。
このコーラは米国では1本1ドルで売っています。そのため、
1ドル100円の時は100円払えばコーラを飲むことが出来ます。
しかし為替が円安に動いて、1ドル110円になりました。その場合、1ドルのコーラを飲みには110円を払う必要が出てきます。
よって、円の価値が10円分減ったことになり「円安」となります。

 
 


円高の具体例

先ほどのコーラですが、今後は為替が円高に動いて1ドル90円になりました。その場合、1ドルのコーラは90円払えば飲むことが出来るようになりました。
そのため、円の価値が10円分上がったことになり「円高」となります。

円安や円高とは、他通貨に対しての円の価値になります。
そのため、米ドル、ユーロ、元、ランド、リラなどのどの通貨に対して円高なのか?円安なのか?確認する必要があります。


円高・円安のメリット

円高と円安を常に裏表の関係になるため、どちらが良いと言うことは出来ません。
しかし国の産業において、「輸出業が強い国なのか?」「輸入業が強い国なのか?」により、通貨安・通貨高どちらの方が、経済発展に繋がるか推測することが出来ます。
そのため、円高・円安が経済に与えるメリットと、そのメリットに乗じられる関連する業種を確認して行きます。

円高(通貨高)のメリット

円の価値が上がることにより、少ない円で多くの物を輸入することが出来ます。
より多くの物を買うことが出来るため、需要と供給のバランスで日常用品や食品、外車やPCなど日本が輸入をしている物が相対的に安くなります。
また日本は資源が乏しく大量の石油に輸入しておりますが、円高になれば石油の購入費を安く抑えることが出来ます。

個人においては海外旅行に行った時、より多くの外貨を購入することが出来ます。
そして、ちょっとリッチになった気分の旅行を楽しむことが出来ます。


円安(通貨安)のメリット

円の価値が下がることにより、輸出をしている企業が利益を出しやすくなります。例えば日本の企業が、カメラ1台10万円で海外に売るとします。
通常1ドル100円の場合は、海外では10万÷100で1,000ドルでカメラを購入することが出来ます。為替が円安になり1ドル110円になった場合、海外では10万÷100で909ドルで同じカメラを買うことが出来ます。

そのため円安の状態では、企業はカメラ1台をあたりの値段を下げなくても、外貨に対してはカメラを安く売ることが出来ます。
よって価格が下がり、購入する人が増加し売上が伸びます。

なお外貨に対してカメラを安く売った場合、企業の収益率が下がると思われる方も多いと思います。しかし為替が変動してもカメラ1台の円に対する売り上げは変動しておりません。この場合、カメラの値段が下がったのはドルで購入する場合になります。
そのため、円高で「カメラ1台を1,000ドル売った場合」も「カメラ1台を909ドルで売った場合」も、カメラ1台あたりの売り上げは円に換算すると10万円になります。


円安なると儲かる業種

円安になると輸入業が有利になります。
そのため円安では以下の業種が利益が上がりやすい構造をしています。

  • 食品関連
  • 外食関連
  • 海外旅行会社
  • 電力会社など

円高になると儲かる業種

円高になると輸出業が有利になります。
そのため円高では以下の業種が利益が上がり構造しています。

  • 機械関連
  • 自動車
  • 家電など

トルコリラ円の為替

2017年8月の時点でトルコリラは円高になっております。
為替において長期投資をする場合、円高の時に為替取引を行った方が良い成績を残せる場合が多いです。


まとめ

・ 円高とは円の価値が上がったこと、円安とは円の価値が下がったことを指します。
・ 為替変動1つで、利益を上げられる企業もいれば減益になる企業もあります。
・ 円高と円安にはそれぞれメリットがあります。大切なのは為替が安定することです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。